ペット保険|いぬとねこの保険

犬

犬の保険

愛犬家に支持されているのは、「保障内容」
高額な手術や入院、長期の通院も
日額限度・日数限度なしで安心

犬には多様な犬種があり、その犬種によって注意すべき病気やケガ、健康管理の方法が異なります。
「いぬとねこの保険」なら3つのプランから、愛犬にピッタリの保障を選ぶことができます。

一番人気のプラチナプラン
お見積りはこちらから

1ペットの種類は?

linklink

2ペットの年齢は?

linklink
3

犬の種類がわからない場合はこちら

犬の保険選びのポイント

ペット保険選びに迷ったら、以下の4つのポイントについて比較してみましょう。

1通院・入院・手術のすべてが補償されているか?

通院・入院・手術のすべてが補償されているか?

犬の医療は、年々高度化し高額化しています。

医療の進歩によって寿命が延びたことで、より長い時間を愛犬と一緒に暮らせるようになりました。しかし、年齢を重ねるとともに病気やケガなどの治療は長期化してしまうため、医療費の支出は増加傾向にあります。

犬の医療は、二次診療専門の病院で提供される高度医療や、心臓疾患や内臓疾患、ガンの摘出などにかかわる高度な外科手術や、透析治療の一般化など、年を追うごとに高度化しています。

当然のことながら、これらの高度医療の医療費は高額になりますが、犬には、人間と同じような健康保険制度が無いため、その全額を飼主が負担することとなり、その経済的な状況から治療を泣く泣く断念しなければならない場合もあります。

経済的な理由でさまざまな診療や治療の選択肢を無くさないためにも、通院・入院・手術すべてが補償される「いぬとねこの保険・プラチナプラン」をお薦めいたします。

2日額制限や回数制限は無いか?

ペット保険には、
・1日当たりの限度金額や、保険期間中の限度日数、手術の限度金額や限度回数などの細かい制限がある保険
と、
・年間の総額限度のみ設定されていて、日額限度や回数限度などの細かい制限が無い保険
があります。

皮膚炎などのように治療が長期化してしまう病気や、骨折や内臓疾患の治療に伴う手術などの高額出費、高度医療に伴う出費などの場合では、細かい制限がある場合と無い場合では、自己負担額にかなりの違いが出ることになります。

「いぬとねこの保険プラチナプラン」なら、年間限度額のみが設定されたシンプルな限度設定なので、安心して治療に専念して頂くことができます。

30万円の手術をした場合の保障の一例

弊社一例

70%プラン(プラチナプラン70%)

治療1日あたりの各限度額回数制限なし

合計300,000手術をした場合

いぬとねこの保険 保険金支払割合70%

他社一例

70%プラン(手術上限10万円)

治療1日あたりの各限度額回数制限なし

合計300,000手術をした場合

他社 保険金支払割合70%

3万が一のペット賠償責任補償特約を付帯できるか?

万が一のペット賠償責任補償特約を付帯できるか?

どんなにしっかりとした躾をされている犬でも、噛みつき事故や財物の破損事故などを起こしてしまう可能性があります。

もし飼い主が、他の損害保険の特約などにより個人賠償責任保険に加入していないのであれば、賠償責任保険への加入を真剣に検討することをお勧めします。

「いぬとねこの保険」の賠償責任特約は、保険の対象となるペットがあやまって他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりして損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合に、保険金をお支払いします。

平成26年の厚生労働省の調査によると、年間で4,364件もの犬の咬みつき事故が発生しています。そのうち4000件程度は飼い犬によるもので、およそ92%が「飼い主・家族以外」に噛みついています。

被害の状況によっては、多額の賠償を求められるケースもあります。

自動車保険など他に加入している保険の特約で個人賠償責任特約に加入していれば対象になりますので確認をしておきましょう。

4保険料の割引制度が充実しているか?

保険料の割引制度が充実しているか?

「いぬとねこの保険」には、幸いにも保険を使わないで一年間を過ごすことができた時に、次の年の保険料の割引を受けられる制度があります。

「いぬとねこの保険」は、愛犬の一生を通じた長い期間に渡って続けていくことのできる保険料水準で、さらに保険金請求がなかった年の翌年は保険料が安くなります。

そのほかにも、インターネット割引やマイクロチップ割引、多頭割引など、一定の要件を満たすと適用することのできる割引があります。

犬の保険は必要?

犬を飼うということは、長い場合で20余年を共に過ごす家族が一人増えるのと同じことです。

犬を飼うことが初めての方の場合、まずは掛かり付けの動物病院を決めましょう。良い先生との出会いは、家族と愛犬にとってかなり重要です。

また、愛犬の一生を通じて、病気やケガなどを被ってしまった場合に、どれくらいの費用が掛かるかを、ある程度知っておくことも重要です。ペットにかかる医療費は、人間のような健康保険制度が無いため、かなりの高額になります。

そのため、過去に犬を飼った経験がある方ほど、ペット保険への加入を真剣に検討されているようです。

治療費の例

出費の例で、保険金の受取額ではありません。

骨折    290,000円

子供が愛犬のチワワを抱っこしていたところ、誤って落としてしまい足を骨折。整復手術を行い、入院とその後の通院が発生した。
通院 7日 80,000円 | 入院 3日 60,000円 | 手術 1回 150,000円

外耳炎   60,000円

垂れ耳の為蒸れて、痒ゆがるため通院。外耳炎と診断とされ、一週間程通院。
通院 7日 60,000円

急性胃腸炎    78,000円

嘔吐と下痢が起き、緊急で病院へ。脱水症状が起きてしまい入院。
脱水症状が治まり、帰宅後4日間通院。
入院 1日 24,000円 | 通院 4日 54,000円

犬の治療が高額な理由?

犬の治療が高額な理由?

犬の治療が高額な理由は、人間と違い社会保険や国民健康保険が医療費の大半を負担してくれる制度がないためです。
ちょっとしたケガや病気でも、動物病院で診療を受けると、診療費の全額を負担しなくてはなりませんので、人間が病院に通う場合と比べて高額になります。
また、最近は高度な治療を行える病院も増え、治療の方法も多様化しており、手術で100万円を超えるような事例も出ています。

犬種の特長を理解し、
最適な保険を選ぶことも重要

犬の種類は、国内で飼育されているものだけでも130種を超えるともいわれています。
犬は、犬種によって、見た目もさることながら、健康管理方法や、かかりやいケガ・病気も異なります。
トイプードル・チワワ・イタリアングレーハウンドなどの骨の細い小型犬は、落下や室内での転倒程度のことで骨折をおこす場合があります。
また、ミニチュアダックスフンド、ウェルシュコーギーなど足が短く胴が長い犬種では椎間板ヘルニアになりやすい傾向があります。
このように犬種ごとの特長からなりやすい病気やケガがあります。
購入したペットショップやブリーダー、かかりつけの獣医師などに確認し、かかりやすい病気やケガ、健康管理方法をしっかりと把握しましょう。

犬種の特長となりやすいケガ・病気例

種類

犬種の特長

なりやすいケガ・病気

必要な診療

トイプードル・チワワ・イタリアングレーハウンドなど

骨が細い

骨折

通院・入院・手術

ミニチュアダックスフンド、ウェルシュコーギーなど

足が短く、腰関節に負担がかかりやすい

椎間板ヘルニア

通院・入院・手術

柴犬・ゴールデンレトリバーなど

アレルギー性皮膚炎などにかかりやすい

皮膚炎

通院

マルチーズ・シーズなど

垂れ耳の為耳が蒸れやすい

外耳炎

通院

犬種分類表