ペット保険|いぬとねこの保険

猫

猫の保険

愛猫家に支持されているのは、「保障内容」
高額な手術や入院、長期の通院も
日額限度・日数限度なしで安心

猫は、室内での飼育が一般的で、怪我や小さな病気はあまりありませんが、長期の治療が必要な病気になることがあります。
「いぬとねこの保険」なら3つのプランから、愛猫にピッタリの保障を選ぶことができます。
一番人気のプラチナプランで保険料を確認してみましょう。

一番人気のプラチナプラン
お見積りはこちらから

1ペットの種類は?

linklink

2ペットの年齢は?

linklink
3

犬の種類がわからない場合はこちら

猫の保険選びのポイント

ペット保険選びに迷ったら、以下の4つのポイントについて比較してみましょう。

1通院・入院・手術のすべてが補償されているか?

通院・入院・手術のすべてが補償されているか?

猫の医療は年々高度化し高額化しています。
猫は犬と比べると寿命の長い動物ですが、医療の進歩によってさらに寿命が延びたことで、より長い時間を愛猫と一緒に暮らせるようになりました。しかし、年齢を重ねるとともに病気の治療は長期化してしまうため、医療費の支出は増加傾向にあります。

猫の医療は、2次診療の専門病院や心臓・ガンや内臓疾患などへの高度な外科手術や、腎臓疾患での透析治療など年々高度化・高額化しています。
さらに近年では猫専門の病院ができるなど猫に特化した医療も登場してきています。

当然のことながら、これらの高度医療の医療費は高額になりますが、猫には、人間と同じような健康保険制度が無いため、その全額を飼主が負担することとなり、その経済的な状況から治療を泣く泣く断念しなければならない場合もあります。特に猫は、晩年腎臓疾患を患うことが多く、毎日の透析が必要になることもあり、透析治療のストップが、お別れにつながることも少なくありません。

経済的な理由でさまざまな診療や治療の選択肢を無くさないためにも、通院・入院・手術すべてが補償される「いぬとねこの保険・プラチナプラン」をお薦めいたします。

2日額制限や回数制限は無いか?

ペット保険には、
・1日当たりの限度金額や、保険期間中の限度日数、手術の限度金額や限度回数などの細かい制限がある保険
と、
・年間の総額限度のみ設定されていて、日額限度や回数限度などの細かい制限が無い保険
があります。

日額制限や回数制限は無いか?

また保障プランが、通院・入院・手術すべてが補償対象のフルカバープランであっても1日当たりの限度日数・金額、手術の限度金額があるものとないものがあります。

特に猫は猫種に限らず、腎臓疾患や尿石症の罹患が多く、通院日数・入院日数が長く、積み重ねていくと高額になる傾向があります。治療の内容によっては、一回の通院費用・入院費用も高くなり、治療が長期化してしまうと、限度日数・限度金額があると、保障が足りない可能性もあります。

「いぬとねこの保険プラチナプラン」なら、年間限度額のみが設定されたシンプルな限度設定なので、安心して治療に専念して頂くことができます。

3保険料の割引の充実

保険料の割引の充実

「いぬとねこの保険」には、幸いにも保険を使わないで一年間を過ごすことができた時に、次の年の保険料の割引を受けられる無事故割引制度があります。
猫はあまりケガや病気をしないからペット保険は使わない、でもペット保険に入らないのは心配・・と考えているかたにもうれしい割引です。

「いぬとねこの保険」は、愛猫の一生を通じた長い期間に渡って続けていくことのできる保険料水準で、さらに保険金請求がなかった年の翌年は保険料が安くなります。

そのほかにも、インターネット割引やマイクロチップ割引、多頭割引など、一定の要件を満たすと適用することのできる割引があります。

猫の保険は必要?

猫を飼うということは、長い場合で20余年を共に過ごす家族が一人増えるのと同じことです。

猫を飼うことが初めての方の場合、まずは掛かり付けの動物病院を決めましょう。ペットショップで迎えた場合や、保護団体から迎えた場合は、動物病院を紹介されることがありますが、病院が遠方だった場合、病院へのキャリー移動は猫にとって身体的、精神的負担になるので、自宅から近い動物病院をかかりつけにするのが一般的です。
より専門的な診療を求める方は、近年増えている猫専門の動物病院に通う方もいらっしゃるようです。
良い先生との出会いは、家族と愛猫にとってかなり重要です。

また愛猫の一生を通じて、病気や怪我にかかった場合、どれくらいの費用が掛かるのかをある程度把握することも重要です。
ペットにかかる医療費は、人間のような健康保険制度が無いため、たった1回の通院でも5千円~1万円になることもあり、手術ともなるとかなりの高額になります。
初めて猫を飼う方にとっては、毎月数千円を払いペット保険に加入することが必要なのか分からないことが多いようですが、猫の保険の必要性を感じられるのは、過去に猫を飼った経験があり、尿石症や腎臓疾患などで実際に動物病院に通い、診療費を支払った経験のある方です。

治療費の例

出費の例で、保険金の受取額ではありません。

誤食誤飲    262,000円

おもちゃを猫が飲み込んでしまい、病院に行き検査の結果開腹手術となった。一週間の入院をとその後経過観察の為、2日の通院をした。
通院 4日 28000円 | 入院 7日 84,000円 | 手術 1回 150,000円

尿石症   70,000円

トイレに鮮血があったため病院に通院。ストラバイト尿石症と診断され、10日間通院と投薬。症状がおさまった為、経過観察となった。
通院 10日 70,000円

腎不全    240,000円

食欲や元気が減退しており、動物病院で診療を受けたところ、腎不全と診断を受け、4日間入院をした。その後、2カ月定期的に点滴を受けたが、重篤だったため亡くなってしまった。
入院 4日 60,000円 | 通院 60日 180,000円

猫の治療が高額なのは何故なのか?

猫の治療が高額なのは何故なのか?

猫の治療が高額な理由は、人間と違い社会保険や国民健康保険が医療費の大半を負担してくれる制度がないためです。
そのため、動物病院で診療を受けると、診療費の全額を負担しなくてはなりませんので、人間が病院に通う場合と比べても高額になります。
完全室内飼いの猫であっても、全猫種がかかりやすい腎臓病や尿石症に罹患し、長期の入院・通院となり高額な治療費がかかることもあります。

こうした高額の診療費を補償するために、猫の保険に加入する方が増えています。

猫種の特長を理解し、
最適な保険を選ぶことも重要

昨今の猫ブームにより様々な猫種が日本国内でも見られるようになりましたが、見た目の違いと同じように、健康管理方法やかかりやいケガ・病気も異なります。

猫たちが共通してかかりやすいのは、「腎臓疾患」や、「尿石症」ですが、スコテッシュフォールドでは外耳炎や関節疾患、足の短いマンチカンでは椎間板ヘルニアといったように、猫種ごとの特長からなりやすいケガ・病気があります。
購入したペットショップやブリーダー、かかりつけの獣医師などにも確認し、かかりやすい病気などを把握しましょう。

猫種の特長となりやすいケガ・病気例

猫類

猫種の特長

なりやすいケガ・病気

必要な診療

雑種猫

基本的には健康だが晩年左記病気になりやすい

腎臓疾患や、尿石症など

通院・入院・手術

スコテッシュフォールド

耳が垂れており蒸れやすいまた、関節疾患になりやすい猫種

外耳炎や関節疾患など

通院・入院

マンチカン

犬のダックスフンドのように足が短い猫種

椎間板ヘルニアなど

通院・入院・手術

メインクーン

猫種の中でも最大級の大きさの猫種

肥大性心筋症など

通院・入院・手術

猫種分類表

猫種分類表

猫は猫種によってサイズによって保険料のちがいはございません

下記は大まかな猫種を記載させていただいておりますが未記載の猫種であっても保険料は同じです。

猫種

      ア行に属する猫の種類
  • アビシニアン
  • アメリカンカール
  • アメリカンキューダ
  • アメリカンショートヘア
  • アメリカンボブテイル
  • アメリカンポリダクティル
  • アメリカンワイヤーヘア
  • アメリカンリングテイル
  • アラビアンマウ
  • アルパインリンクス
  • イジアン
  • ウラルレックス
  • エイジアン
  • エキゾチックショートヘア
  • エジプシャン・マウ
  • オイイーボブ
  • オーストラリアンミスト
  • オシキャット
  • オホサスレス
  • オリエンタル
  • オリエンタルバイカラー
    1. カ行に属する猫の種類
  • カラーポイントショートヘア
  • カリフォルニアスパングルド
  • キプロスアフロディーテ
  • キムリック
  • キンカロー
  • クリッパーキャット
  • クリリアンボブテイル
  • コーニッシュレックス
  • コラット
      サ行に属する猫の種類
  • サイベリアン
  • サバンナ
  • サファリ
  • ジャパニーズボブテイル
  • ジャーマンレックス
  • シャム
  • シャルトリュー
  • シャンティリー
  • ジェネッタ
  • シンガプーラ
  • スキフトイボブテイル
  • スクーカム
  • スコティッシュフォールド
  • スノーシュー
  • スフィンクス
  • セイシェルワ
  • セイロンキャット
  • セルカークレックス
  • セレンゲティ
  • ソコケ
  • ソマリ
    1. タ行に属する猫の種類
  • ターキッシュアンゴラ
  • ターキッシュバン
  • チートー
  • チャウシー
  • デザートリンクス
  • テネシーレックス
  • デボンレックス
  • トイガー
  • ドウェルフ
  • ドラゴンリー
  • トンキニーズ
  • ドンスコイ
    1. ナ行に属する猫の種類
  • ナポレオン
  • ネベロング
  • ノルウェージャンフォレストキャット
      ハ行に属する猫の種類
  • バーマン
  • バーミーズ
  • バーレイニディルムンキャット
  • ハイランドリンクス
  • ハバナブラウン
  • ハバリ
  • バリニーズ
  • バンビーノ
  • ピーターボールド
  • ピクシーボブ
  • ヒマラヤン
  • フォールデックス
  • ブラジリアンショートヘアー
  • ブランブル
  • ブリティッシュショートヘア
  • ブリティッシュロングヘアー
  • ペルシャ
  • ベンガル
  • ボンベイ
    1. マ行に属する猫の種類
  • マンクス
  • マンダレイ
  • マンチカン
  • ミンスキン
  • メインクーン
  • メコンボブテイル
  • モハーベスポッテド
  • モハーベボブ
    1. ヤ行に属する猫の種類
  • ユークレイニアンレフコイ
  • ヨークチョコレート
  • ヨーロピアンショートヘア
    1. ラ行に属する猫の種類
  • ライコイ
  • ラガマフィン
  • ラグドール
  • ラパーマ
  • ラムキン
  • ロシアンブルー